心のケアセンター沖縄中央病院 HOMEへ
Okinawa Chuo Hospital
病院案内
概要・理念と行動
沿革
診療案内
《一般精神外来》
ストレス
(神経症・躁うつ病・うつ病・心身症)
統合失調症
アルコール依存症
不眠症
《専門外来》
認知症外来
施設案内
入院案内
セクション案内
お問合せ
沖縄中央病院
〒904-2143
沖縄県沖縄市知花5-26-1
TEL:098-938-3188
FAX:098-938-3198
各種施設への連絡先はこちら
 
病院案内 心の相談 リクルート情報 行事案内  
診療案内・認知症外来

「年をとって認知症にだけはなりたくない」と思っている人は多いはずです。認知症になると、人としての尊厳が失われかねないと不安や恐怖を感じるでしょう。認知症という病気は、患者さん本人だけでなく、介護する家族にも大きな負担をかけます。負担を少しでも軽くするには、やはり、早期発見が大事です。早く見つけることで治らないまでも、進行をおくらせるなどの対処が出来ます。
治らないとあきらめる前に、病気の正しい知識を知っておきましょう。


早期発見が大切です。
その2つの理由とは

病院外観 治療すれば治る認知症がある

認知症は頭蓋骨内の内側に血液が溜まる慢性硬膜下血腫や脳腫瘍、ビタミン不足などの身体の病気でおこることもあります。これらの病気が原因のときは、治療すれば治る。あるいはある程度の回復が望めます。こうした治療可能な認知症の方は10名に一人の割合で見られます。

病院外観 アルツハイマ−型は治療薬が登場

原因がアルツハイマ−型の場合は、治療薬を使うことによって一時的に症状を改善させたり、症状の進行を遅らせることが出来ます。