心のケアセンター沖縄中央病院 HOMEへ
Okinawa Chuo Hospital
病院案内
概要・理念と行動
沿革
診療案内
《一般精神外来》
ストレス
(神経症・躁うつ病・うつ病・心身症)
統合失調症
アルコール依存症
不眠症
《専門外来》
認知症外来
施設案内
入院案内
セクション案内
お問合せ
沖縄中央病院
〒904-2143
沖縄県沖縄市知花5-26-1
TEL:098-938-3188
FAX:098-938-3198
各種施設への連絡先はこちら
 
病院案内 心の相談 リクルート情報 行事案内  
診療案内・てんかん外来

お酒による身体への影響ってご存知ですか?アルコ−ルって、たくさんの病気を作り出す元凶になっているんです。むかしから「酒は万病の元」という言い方もあります。それは、アルコ−ルそのものが水にとても溶けやすくて、脳のような水分のいっぱいある場所に入り込みやすいからです。したがって、お酒を飲む方の脳内は10分もすると血中濃度と同じようになります。
 よく、Drから「あなたは、お酒やめますか、人間やめますか?そのまま、お酒を飲み続ければ、あなたの寿命はあと5年です」と、言われても「自分は大丈夫」と、飲むアルコ−ル依存症。
 また「お酒なんか飲まなくても平気だ、お酒はいつでも止められる、でも一杯飲むとついつい飲み過ぎてしまう」と言う方々もいる。そんなお酒のみの皆さん、あなたはアルコ−ル依存症になっているかも知れません。



アルコ−ル依存症と病気

脳への影響

  • アルコ−ル依存症が進みますと、脳萎縮がはっきりと目に見える形でおこる場合があり ます。(アルコ−ル性認知症・自律神経失調症)

消化器系への影響

  • 口から入るアルコ−ルは通り道である喉頭や食道にがんが発症しやすい。

肝臓・膵臓への影響

  • 病気が進んで肝硬変にまでなってしまうと、肝臓がボロボロになっている状態です。写真でみるとアルコ−ルがどれだけ肝臓を傷めるかが、よくわかります。