本文へ移動

精神科訪問看護

退院しても薬の管理の仕方に自信がない、病気についての心配事がある、生活の悩みがある、ひとりで過ごしているのが不安、という患者さんも多くいらっしゃいます。
そんな患者さんのために、わたしたちは「訪問看護」をおすすめしています。経験豊かな看護師や精神保健福祉士、作業療法士がご家庭を訪問して健康チェックをしたり、いろいろな相談や助言を行ったりします。また地域での交流活動や通所デイケアへの参加など、自立生活や社会参加のための様々なアドバイスも行っています。
主な相談内容
・病気について色々知りたいとき。
・再発しないための相談。
・療養生活についての相談。
・よく眠るための相談。
・幻聴で悩まされているときの対処方法。
・薬を飲まない、再発が心配というご家族の方からの相談。
・昼夜逆転している。どう対応したらいいのかわからないとき。
 
そのほか、ご本人、ご家族の皆さんの身の回りでおこっている悩み事などを気軽にご相談ください。
 
訪問看護の概要
・社会参加のための相談・助言を行います。
退院後の自立へむけて、経験豊富な相談員が主治医と連絡をとりながら、暮らしの中でのさまざまな相談や助言を行います。また、社会参加のためのプランをもってご家庭へお伺いします。
・ご近所や地域を含めた支援活動を行います。
生活上での悩み相談や助言だけではなく、ご近所や地域との交流活動など、日常生活をおくるために必要な幅広い支援活動も行っています。また必要に応じて健康チェックや相談も実施しています。
・様々なサポートを行います。
ご家庭へ訪問するだけでなく、例えば、通所リハビリテーション(デイケア)等で自分の好きなプログラムに参加していただき、1日も早い社会参加へのお手伝いをしています。
 
費用について
各種医療保険の他「通院医療費公費負担制度」の適用になれば費用はかかりません。
お問い合わせ・相談
098-938-3188
新患の方、まずはお電話下さい。
(再診予約専用)
098-938-3195

診療科目
精神科・心療内科
診療日
月曜日~土曜日
休診日
日曜日/祝祭日/年末年始

受付時間
8:30~11:30
13:00~16:30 

診察時間
 9:00~12:00
13:30~17:00
こころの相談室
2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る